By user8813 | 30 Mar, 2013 - 12:17 pm
Posted in Category: 生活

愛車の部品は買取に関係するのか?カーパーツと一言で言っても、種類はさまざま。というわけで、見積りも様々になります。
普通は、メーカーのパーツ(純正メーカーパーツ)は、人気があり、買取額がアップするパーセンテージが高いといえるでしょう。
けれども純正メーカーパーツじゃない社外パーツに関しては、残念ですが期待している下取り額が得られなかったり、見積り額が減ることがあります。
理由としてあげられるのは、パーツの好みがそれぞれの人によって違い、逆にパーツがついていることで車の注文量が下がってしまうことが多いからです。
しかし、もしメーカー純正パーツがしっかりとあれば大丈夫。色を変えているなどして純正の状態が確認できないことがない限りは大丈夫です。
ここでは純正でないパーツを付けている場合にわずかでも高額査定にするテクニックをお伝えしましょう。通常のパーツのお店ではパーツの専門性が高ければ高いほどパーツの値打ちが低いといったケースがあるようです。
というわけで社外品パーツの車を査定に出す場合は、パーツ買取を別でしてもらうことも含め下取り見積りの結果を見てみるとベストといえます。
そしてパーツの種類や状況によって高額の下取り額をゲットできるやり方も変わってくるので、
・愛車に付けたままでそのまま見てもらう。
・取り外して、専門のお店で引き取ってもらう。
・ちょっとてまひまかかるが、ネット上で売却をする。
・売却せずに別のクルマに利用する。
てな感じで、いくつかの方法から金額的にどれが一番メリットになるのかを考えて、見積り会社を選ぶことを推奨します。
車買取埼玉

This entry was posted on 土曜日, 3月 30th, 2013 at 12:17 PM and is filed under 生活. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Permalink | Comments Off on 逆にパーツがついている